3Dicom エコシステム内で医用画像を共有、変換、エクスポート

3Dicom エコシステム内で医用画像を共有、変換、エクスポート

アントン
/

3Dicom Viewer では、他の 3Dicom ユーザーと共有したり、医療画像を変換およびエクスポートしたりできます。

[接続] タブでは、これらすべてを 1 か所で行うことができます。

共有スキャン

3Dicom エコシステムでは、医用画像を他の 3Dicom ユーザーと共有して、ソフトウェア内で表示および操作することができます。ボタンをクリックして、共有ボタンを開始します。

画像説明
– 医療スキャンを共有するときは、デバイスの種類/用途を選択する必要があります。
– 別の 3Dicom ユーザーと共有する医療スキャンに名前を追加する必要があります。オプションの説明を追加して、医療スキャンの受信者が識別しやすくすることもできます。
– ファイルの有効期限を 1 日から 7 日に割り当てることができます。
– [次へ] をクリックして、次のステップに進みます。
– 共有している 3Dicom ユーザーが使用する電子メール アドレスを追加します。
– 共有している医療スキャンを匿名化できます。
– メールアドレスを追加して、複数のユーザーと共有することもできます。
– セッションを共有することもできます。これには、表示したい変更が含まれます。

– アップロード/送信する前に、宣言にチェックを入れる必要があります。
– 確認したら、[アップロード] をクリックします。



– その後、医療スキャンがクラウドにアップロードされます。
– ユーザーあたり 5 GB の制限があります。
– アップロードして共有すると、左上隅にポップアップが表示されます。

ディコムを変換

画像説明
Dicom 1 を変換する[変換] をクリックすると、ポップアップ ウィンドウが開き、変換する DICOM を保存する場所を選択できます。
Dicom 2 を変換するフォルダを選択すると、保存パスの場所と必要なファイルの種類を示す新しいウィンドウがポップアップ表示されます。選択できるファイルの種類は次のとおりです。
新井 – ニフティ のタイプです ファイル形式 ニューロイメージング用
ニグズ – ニフティ のタイプです ファイル形式 ニューロ イメージングの場合、この gz は .nii の圧縮バージョンです。
Nrrd – 「ほぼ生のラスター データ」は、n 次元のラスター データを表現および処理するためのライブラリおよびファイル形式です。
Hdr – HDRsoft のハイ ダイナミック レンジ (HDR) 画像フォーマットで保存されたラスター画像またはデジタル写真です。
Img – 画像データを含むビットマップ ファイルです。
Mhd – Elastix および ITK ソフトウェア パッケージで使用されるファイル
Dicom 3 の変換 - クロッピングを有効にする