3Dicom R&D機能リスト

3Dicom R&D機能リスト

特異な健康
/

3Dicom R&D ソフトウェアは、Windows、MacOS / OS X、およびスタンドアロンの仮想現実システムで動作するフル機能の DICOM ビューアーおよび STL ビューアー ソフトウェアとして意図されています。

医療機器としてではなく、研究開発用の医療機器メーカーの強力なツールとして、小動物の手術計画における獣医の使用、特に解剖学と病理学のトレーニングと教育のために、3Dicom R&D には膨大な数の機能があります。医療 AI トレーニングと検証ツールキットが含まれます。

3Dicom R&D has features presented in 3Dicom Patient and 3Dicom MD (excluding Collaboration)

Discover the features below.

医用画像および CAD ファイル管理

ユーザーは、上部に「ローカル」、「MFTP」、「PACS」、「3D モデル」のタブがある「スキャン データベース」にアクセスできます。
「データベースのスキャン」をクリックし、「ローカル」タブをクリックしてから「DICOM の読み込み」ボタンをクリックして、.DCM 拡張子を含むローカル フォルダーを参照することにより、ローカル ディレクトリからソフトウェアに DICOM ファイルを読み込みます。
[データベースのスキャン] をクリックし、[ローカル] タブと [その他の読み込み] ボタンをクリックして、.NII 拡張子を含むフォルダーを参照することにより、NiFTi (.NII) ファイルをローカル ディレクトリからソフトウェアに読み込みます。
[データベースのスキャン] をクリックし、[ローカル] タブの [その他の読み込み] ボタンをクリックして、.tar.gz ファイル タイプ (ZIP およびRAR ファイルなし)
「ローカル」、「MFTP」、「PACS」または「3D モデル」タブのいずれかで、患者名、スタディ ID、またはシリーズ ID でスキャン データベースを検索/フィルタリングします。
ユーザーは、スキャン データベースのタブの上部 1/3 パネルで患者のスキャンを閲覧し、「患者名」、「患者 ID」、「生年月日」、「性別」、「# の研究」、「最終調査日」、および「追加日」。スキャンが匿名化されている場合、「N/A」が使用されます。
ユーザーは、スキャンデータベース内の患者名フィールドが出現する場所をダブルクリックして、「患者名」の名前を変更できます。
ユーザーは、スキャン データベースのタブの 2/3 パネルで患者に関連付けられたすべての「スタディ」を閲覧し、「スタディ日」、「スタディ ID」、「スタディの説明」、「シリーズの #」で表示およびソートできます。その研究」、「追加日」
ユーザーは、各タブの 2/3 パネルにあるスキャン データベースのスタディの説明フィールドをダブルクリックして、「スタディの説明」の名前を変更できます。
ユーザーは、特定の研究を選択すると、スキャン データベースの「シリーズ」パネルで、患者の特定の研究に関連付けられたすべての「シリーズ」を閲覧できます。シリーズを表示し、「シリーズ #」、「シリーズの説明」、「スキャンのモダリティ」、「カウント - スキャン内の画像の #」、および「追加された日付」で並べ替えることができます。
ユーザーは、スキャン データベースの「シリーズ」パネルのサムネイルにカーソルを合わせると、取得面でのスキャンのスクロール プレビューを表示できます
スキャンデータベースのシリーズの横にある「匿名化」アイコンをクリックして、DICOMシリーズを匿名化します
スキャン データベースの患者/研究/シリーズおよび/またはモデルの横にある [削除] アイコンをクリックして、スキャン データベースからスキャンとモデルを削除します。
[ローカル] タブをクリックし、[リムーバブル メディアから読み込む] をクリックして、DICOM または NII ファイルを含むフォルダーを参照することにより、CD/USD などのリムーバブル メディアから DICOM および NII ファイルをプログラムに読み込みます。
[MFTP] タブをクリックし、受信したファイルを表示して、スキャン データベースから Medical File Transfer Protocol 経由で送信された DICOM & NII ファイルを読み込みます
「PACS」タブをクリックし、そこからPACSファイルを表示/開くことにより、スキャンデータベース(「グローバル設定」に入力された初期構成設定を使用)を介して、ローカルの画像保管および通信システムからプログラムにDICOMおよびNIIファイルをロードします
「PACS」タブをクリックしてクラウドを表示/開くことにより、クラウドベースの画像保管通信システム (PACS) からスキャン データベース (「グローバル設定」に初期構成設定を入力) を介して DICOM & NII ファイルをプログラムにロードします。そこからPACSレコード/ファイル。
「ローカル」タブで患者名をクリックし、次に関連する研究をクリックして、「シリーズ」でレポートを検索することにより、スキャンデータベース内の患者/研究またはシリーズにリンクされたローカルディレクトリから放射線レポートをロード/取得して表示します 3/ 3パネル。
「PACS」タブで患者名をクリックし、次に関連する研究をクリックして、スキャン データベース内の患者/研究またはシリーズにリンクされたローカル PACS から放射線レポートを読み込み/取得して表示し、「シリーズ」でレポートを見つけます 3/ 3パネル。
「PACS」タブで患者名をクリックし、次に関連する研究をクリックして、「シリーズ」でレポートを見つけることにより、スキャンデータベースの患者/研究またはシリーズにリンクされたクラウドベースのPACSから放射線レポートをロード/取得して表示します3/3 パネル。
スキャン データベース内のシリーズにリンクされたセッションをロードして、特定の状態、マークアップ、およびシリーズをクリックして元の DICOM ファイルに加えられた編集をインポートします。セッションがそのシリーズに保存されている場合、モーダル ポップアップが表示され、そのシリーズに関連付けられているセッションのリストから選択するオプションが提供されます。
[3D モデル] タブをクリックし、[モデルの追加] をクリックして、.STL、.PLY を含むフォルダーを参照することにより、スキャン データベースを介してローカル ディレクトリからコンピューター支援設計ファイルをソフトウェアに読み込みます。 OBJ または .FBX モデル。 
[MFTP] タブをクリックし、[3D モデル] でフィルタリングして、スキャン データベースを介して MFTP からソフトウェアに Computer Aided Design ファイルをロードします。
トップバーの [保存] をクリックして、特定のスキャンに関連するセッションを作成し、[セッション名] とメモを使用してスキャン データベースに保存します。保存された状態には、3D モデルの位置、上限/下限のしきい値の HU 密度値、明るさ、コントラスト、不透明度の設定、3D スライス位置、測定値、注釈、および 2D ビューの位置/スライスが含まれますが、これらに限定されません。
終了時または特定のイベントベースのマイルストーンで、「セッション名」とメモを使用して、特定のスキャンに関連するセッションをスキャン データベースに作成/保存します。保存された状態には、3D モデルの位置、上限/下限しきい値の HU 密度値、明るさ、コントラスト、不透明度の設定、3D スライス位置、測定値、注釈、2D ビューの位置/スライス、セグメンテーション設定、コンピュータ支援設計が含まれますが、これらに限定されませんファイル設定/パラメータと位置。
スキャンをロードすると、左下の「スキャン情報」パネルに、患者名 (匿名の場合は該当なし)、生年月日、シリーズ名、スライス厚/モダリティなどの関連するスキャン情報が表示されます。
ユーザーはトップメニューからファイルを共有できます。ユーザーに保存、匿名化、圧縮、およびエクスポート (電子メールまたは MFTP 経由) プロセスを順を追って表示するモーダル ポップアップを生成します。
ユーザーは、タブのリスト/グリッド レイアウトで各 3D モデルの横にある共有アイコンをクリックして、[3D モデル] タブから 3D モデルを共有できます。電子メールまたは MFTP 経由でモデルを送信する手順を示すモーダル ポップアップを生成します。
ユーザーは、「Patient」、「Studies」、および「Series」パネルをクリックし、シリーズの横にある「Sessions ICON」をクリックすることで、セッション (および関連するスキャン) を共有できます。これにより、スキャンに関連付けられたセッションのリストとその作成日/最終変更日、および各セッションの横に共有アイコンが表示されたポップアップが開きます。ユーザーがクリックしてセッションを共有すると、MFTP 経由で共有する前に、シリーズを匿名化したり、共有セッションの一部である属性のオン/オフを切り替えたりすることができます。
ユーザーは、「スキャン データベース」を参照して特定のスタディを参照し、リスト内のレポートの横にある [共有] アイコンをクリックすることで、放射線レポートを共有できます。ダイアログ ボックスが開き、電子メールまたは MFTP 経由で送信する機能が提供され、共有する権限があることを示すボックスをオンにするようユーザーに要求されます。
ユーザーは、「MFTP」、「PACS」タブをクリックし、選択したスタディまたはシリーズの横にあるエクスポート/ダウンロード アイコンをクリックすることで、MFTP、PACS、Cloud PACS からタブ付きインターフェースからローカル ディレクトリにファイルを直接エクスポートできます。 .免責事項は、エクスポート/ダウンロードの前にスキャンを匿名化するオプションとともに、ダイアログ ボックスに表示されます。
ユーザーは、「MFTP」、「3D モデル」タブからローカル ディレクトリに 3D モデルを直接エクスポートし、選択した 3D モデルの横にある [エクスポート/ダウンロード] アイコンをクリックすることができます。 
ユーザーは、目的のレポートの横にある [エクスポート/ダウンロード] アイコンをクリックして、[MFTP] および [PACS] タブから放射線レポートをローカル ディレクトリにエクスポートできます。
ユーザーは、#30 に従って、トップバーの [保存] ボタンをクリックして、現在のセッション/スキャンを保存できます。

医療スキャンとコンピュータ支援設計モデルの視覚化と操作

ユーザーは、LHS パネルと RHS パネルを折りたたんでメイン ビューを最大化し、サイド パネルを個別に再展開して追加のビューとコントロールを表示できます。
取得の 2D 平面で CT/MRI/PET スキャンを視覚化し、RHS パネルまたはフルスクリーン ビューの小さい 2D ビューでスライダーおよび/またはスクロール ホイール/トラックパッドを使用して画像/スライスをスクロールします
CT/MRI/PET スキャンを 2D 多平面再構成で視覚化し、RHS パネルまたはフルスクリーン ビューの小さい 2D ビューで、スライダーおよび/またはマウス スクロール ホイール/トラックパッドを使用して各 2D 平面をスクロールします
ユーザーは、カーソルが他の 2D 平面にまたがる 1 つの平面のどこにあるかを視覚化して、さまざまな平面でのカーソル位置を相関させる平面十字線を使用できます。
CT/MRI/PET スキャンを単一の 3D 立体モデルとして視覚化し、マウスとキーボード入力を使用してズーム、パン、回転する機能を備えています
ユーザーは、「設定 – 一般」に移動し、「パン感度」および/または「回転感度」スライダーを使用して感度レベルをパーソナライズすることにより、パンと回転の感度を編集できます。 
入力としてマウスで制御される LHS の「表示」パネルにあるスライダー ツールを使用して、ハウンズフィールドの範囲/密度値を調整し、2D & 3D ビューでさまざまな解剖学的構造を表示します。
マウスとキーボードを使用して、LHS 'Display Panel' の Hounsfield / Density スライダーの上にあるテキスト フィールドをクリックし、クリックして入力し、正確な密度値を入力して、目的の解剖学的構造を表示します。
プリセット密度値範囲を利用して、皮膚、筋肉、骨などの特定の解剖学的構造 (CT スキャンのみ) をアイコンで視覚化し、これらの範囲のオンとオフを切り替えます
自動スケール (最初に認識可能なオブジェクトを表示する HU 範囲を自動的に設定するため)
ユーザーは密度スライダー (#49) の上にある「リセット」アイコンをクリックして、ハウンズフィールド / 密度値を初期の自動スケーリング位置にリセットできます。
入力としてマウスで制御される LHS の「ディスプレイ」パネルにあるスライダー ツールを使用して、スキャンの明るさを調整します (2D ビューと 3D ビューの両方で発生します)。
入力としてマウスで制御される LHS の「ディスプレイ」パネルにあるスライダー ツールを使用して、スキャンのコントラストを調整します (2D ビューと 3D ビューの両方で発生します)。
入力としてマウスで制御される LHS の「表示」パネルにあるスライダー ツールを使用して、不透明度を調整します (2D ビューと 3D ビューの両方で発生します)。
各スライダーの横にあるテキストフィールドをクリックし、キーボードを使用して正確な値を入力することにより、スライダー入力に加えて、正確な明るさ、コントラスト、および不透明度の値を入力します
ユーザーは、明るさ、コントラスト、および不透明度のスライダー (#54-56) の上にある [リセット] アイコンをクリックして、明るさ、コントラスト、および不透明度の値をデフォルトの位置にリセットできます。
3 つの 2D 平面で 3D モデルにスライスします。入力としてマウスで制御される LHS の「表示」パネルにあるスライダー ツールを使用したサジタル、コロナル、およびトランスバース
Lower' と 'Upper' のスライス値は、#59 の各 2D プレーン スライダーの上の小さなボックスに表示され、正確な制御のために手動で入力できます。
ユーザーは、Sagittal、Coronal、および/または Transverse スライダーを動かすか、#56 に従って正確な値を入力し、表示パネルの「Crop」と呼ばれるボタンをクリックすることで、スキャンを「トリミング」して新しい DICOM または NIFTI スキャンを作成できます。これにより、ユーザーが新しくトリミングされたスキャンを保存できるようにするモーダル ポップアップが生成されます。ソフトウェアの終了時または保存時に、ユーザーはスキャンを新しいシリーズとして .DCM または .NII 形式で保存する必要があります。 
ユーザーは、サジタル、コロナル、およびトランスバース スライダー (#59) の上にある [リセット] アイコンをクリックして、スキャンをデフォルトのスライス位置にリセットできます。
LHS の [表示] パネルの下部にある [カラー レンダリングを有効にする] ボタンを有効にすることで、密度値の範囲 (CT スキャンのみ) に基づいて、照明、影などを使用した超リアルなカラー レンダリングのオン/オフを切り替えます。 CT スキャンと互換性のあるハードウェアでのみ動作します。
Computer Aided Design プログラムと同様に動作するナビゲーション キューブを使用して、3D モデルを標準的な視野角に向けます。
ユーザーは、[設定] -> [ナビゲーション キューブの設定] に移動し、スライダーを使用してナビゲーション キューブのサイズを増減することで、ナビゲーション キューブのサイズを編集できます。 
ナビゲーション キューブの横にある「カメラ アイコン」をクリックして、「生の」(マークアップや注釈なしの) 3D ボリューム モデルのスクリーンショットをキャプチャします。イメージを「ダウンロード」などの標準のファイル ディレクトリの場所に保存するか、「グローバル設定 -> メディア」で設定できるカスタム ファイル パス/宛先に保存します。
ナビゲーション キューブの横にある「カメラ アイコン」をクリックして、注釈と測定値を含む 3D ボリューム モデルのスクリーンショットをキャプチャします。イメージを「ダウンロード」などの標準のファイル ディレクトリの場所に保存するか、「グローバル設定 -> メディア」で設定できるカスタム ファイル パス/宛先に保存します。
ナビゲーション キューブの横にある [カメラ アイコン] をクリックして、注釈、測定値、CAD モデルの位置とセグメンテーションを含む 3D ボリューム モデルのスクリーンショットをキャプチャします。イメージを「ダウンロード」などの標準ファイル ディレクトリの場所に保存するか、「グローバル設定 -> メディア」でカスタム ファイル パス/宛先を設定できます。
右側のパネルの 2D ビューの横にある小さなカメラ アイコンをクリックして、特定の 2D 平面で「生」(編集なし) スキャン画像のスクリーンショットをキャプチャします。 「ダウンロード」などの標準のファイル ディレクトリの場所への保存、またはカスタム ファイル パス/宛先への保存は、「グローバル設定 -> メディア」で設定できます。
右側のパネルの 2D ビューの横にある小さなカメラ アイコンをクリックして、特定の 2D 平面で 2D スキャン画像のスクリーンショットをキャプチャし、注釈と測定値を表示します。イメージを「ダウンロード」などの標準のファイル ディレクトリの場所に保存するか、「グローバル設定 -> メディア」で設定できるカスタム ファイル パス/宛先に保存します。
右側のパネルの 2D ビューの横にある小さなカメラ アイコンをクリックして、特定の 2D 平面で 2D スキャン画像のスクリーンショットをキャプチャし、注釈、測定値、セグメンテーション マスク、および CAD モデルを表示します。イメージを「ダウンロード」などの標準のファイル ディレクトリの場所に保存するか、「グローバル設定 -> メディア」で設定できるカスタム ファイル パス/宛先に保存します。
LHS パネルの [メディア] パネルの [録画] をクリックして、UI + マークアップの記録あり/なし (グローバル設定で選択) およびマイク録音あり/なし ([メディア] で選択) をクリックして、3D ビューのビデオ録画をキャプチャします。 」パネルを LHS で)。
RHS パネルの 2D ビューの横にあるカメラ アイコンをクリックして、カメラ アイコンが赤くなるまで押したままにして、個々の 2D ビューのビデオ録画をキャプチャします。その後、ユーザーは 2D スキャンを操作して、赤いカメラ アイコンをもう一度クリックするまで記録できます。
ビューの横にある右側のパネルの [ ] アイコンをクリックして、特定の 2D プレーンをフルスクリーン表示します。 2D ビューが全画面表示の場合、画像をスクロールするためのスライダが中央の下部に表示されます
RHS パネルの特定の 2D ビューの横にある [回転アイコン] をクリックして、2D ビュー/平面を時計回りに 90 度ずつ回転させます。対応する「回転アイコン」をクリックすることで、2D ビューが全画面表示のときに回転を実行することもできます。
特定の 2D ビューに対応する右側のパネルの [水平方向に反転アイコン] をクリックして、2D ビューの方向を決め、水平方向に反転します。
特定の 2D ビューに対応する右側のパネルの [垂直方向に反転アイコン] をクリックして、2D ビューの方向を決め、垂直方向に反転します。
RHS パネルの [画像スタック アイコン] をクリックして、ユーザーが一連の 2D 画像をスクロールする方向を逆にします。
横、冠状、矢状面の現在の画像番号を、その平面内の全画像で表示します。つまり、冠状面で 84/512、横断面で 280/620)
モデル自体ではなく、3D モデルのカメラ/一人称ビューを回転させて、クリックして単一の位置 (360* 没入型ビュー) から内部構造を表示します……

測定と注釈

スキャンの注釈を 2D ビューで視覚化して編集します (2D ビューでのドット + ラベル)。 LHS パネルの [測定] パネルにある注釈と測定のフィルター可能なマークアップ リストで、それぞれの注釈をダブルクリックして情報を編集します。 2D ビューでドットをクリックしたままにすると、3D 空間座標、タイトル、=>200 文字の説明、および注釈を新しい場所にドラッグする機能を含むダイアログ ボックスが作成されます。
スキャンの注釈を 3D ビューで視覚化 (点線と 3D ビューのラベル) – 読み取り専用アクセス。注釈付きのセッションを保存することにより、Pro / Surgical の開業医から 3Dicom Lite の患者に注釈を提供できます。
スキャンの注釈を 3D ビューで視覚化して編集します (点線と 3D ビューのタイトル)。 3D ビューでドットをクリックすると、3D 空間座標、タイトル、=>200 文字の説明、および注釈を新しい場所にドラッグする機能を含むダイアログ ボックスが作成されます。
すべての注釈/測定値とマークアップを 2D ビューに表示するかどうかを切り替えて選択します
すべての注釈/測定値とマークアップを 3D ビューに表示するかどうかを切り替えて選択します
2D ビュー (矢印 + ラベル) で注釈を生成し、左側の [測定] パネルの [注釈] ボタンをクリックして、3D モデル (ドット + ラベルとして) にも配置および表示されます。 -side (LHS) をクリックし、2D ビュー/平面の任意の場所をクリックしてラベルを追加します。 
「測定」パネルの「長さ」ボタンをクリックし、2D 画像の 2 点間をクリックしてドラッグすることにより、2D ビューの 2 点間の直線を描画/測定します。これには、測定値の LHS パネル リストで関連する測定値をクリックして、「2D」、「3D」、および「非表示」オプションを「循環」することにより、2D および/または 3D ビューで個々の長さ測定値のオン/オフを切り替える機能があります。注釈。すべての線の測定値/図面は薄緑色で表示されます。 
以前のセッションからロードされた、または 3Dicom の別のユーザーによって共有された 2D および 3D ビューで、任意/すべての直線測定値/図面を表示します
「測定」パネルの「多角形」をクリックし、クリックして 2D ビューで複数の点を作成することにより、2D ビューで閉じた多角形を描画/測定します。これには、測定値と注釈の LHS パネル リストで関連する測定値をクリックして、「2D」、「3D」、および「非表示」オプションを循環させることにより、2D および/または 3D ビューで面積と周囲の測定値のオン/オフを切り替える機能があります。 .すべてのポリゴンの測定値/描画は明るい赤で表示されます。
以前のセッションからロードされた、または 3Dicom の別のユーザーによって共有された 2D および 3D ビューで、任意/すべての閉じたポリゴンの測定値/図面を表示します
「測定」パネルの「円」ボタンをクリックして 2D ビューで円を描画/測定し、2D 画像をクリックしてドラッグします。これには、測定の LHS パネル リストで関連する測定をクリックして、「2D」、「3D」、および「非表示」オプションを循環させることにより、2D および/または 3D ビューで直径、円周、および面積測定のオン/オフを切り替える機能があります。と注釈。すべての円の測定値/図面は濃い青色で表示されます。
以前のセッションからロードされた、または 3Dicom の別のユーザーによって共有された 2D および 3D ビューで、任意/すべての円の測定値/図面を表示します
「測定」パネルの「角度」ボタンをクリックし、2D 平面を 3 回クリックして、原点、入射点、および最終点を作成することによる、2D 平面上の単一角度の測定。結果の角度は、入射点近くの 2D 平面に重ねて表示されます。 2D 角度ツールには、測定値の LHS パネル リストで関連する測定値をクリックして、「2D」、「3D」、および「非表示」オプションを循環させることにより、2D および/または 3D ビューで角度測定のオン/オフを切り替える機能があります。注釈。すべての角度測定値/図面は、明るいオレンジ色で表示されます。
2D平面上でのCOBB角度の測定
以前のセッションからロードされた、または 3Dicom の別のユーザーによって共有された 2D および 3D ビューで、任意/すべての COBB 角度測定値/図面を表示します
「測定」パネルの「長さ」ボタンをクリックし、1 つの平面で選択した 2D スライス/画像に原点を追加し、同じ平面内の別の 2D スライス/画像に 2 番目の点を追加して、長さの 3D 測定を作成します。飛行機。この測定は、2 点間の合成 3D ベクトル用です。図面と測定は薄緑色で着色されています。
3D ビューで任意/すべての 3D 長さ測定を表示
3D 測定値の表示のオン/オフを切り替えます
「測定」パネルの「角度」ボタンをクリックして 3D 角度測定を作成し、特定の平面の 2D 画像上の点をクリックして原点を作成し、同じ平面上の画像をスクロールして 2 つ目の角度を作成します。同じ 2D 平面内の別の 2D 画像に 3 番目の最終点を最終的に作成する前に、入射点を作成します。結果の 3D アングルは明るいオレンジ色になります。
3D ビューで任意/すべての 3D 角度測定値を表示
3D 角度測定の表示のオン/オフを切り替えます
任意/すべての図面、測定値、および/または注釈のラベルと測定値を「測定」パネルのリストとして表示し、リストに表示される測定値をフィルタリングする機能を備えています。 
上記のユーザーのアクセス レベルに関連して作成された注釈、図面、および/または測定値を #83 – 102 から削除するには、LHS の [測定] パネルのリストにある測定値/注釈の横にあるビン アイコンを使用するか、 2D ビューで測定/注釈を入力し、キーボードの「削除」キーを使用します。
LHS の [測定] パネルのリストにある測定値/注釈のいずれかをダブルクリックして、上記の #83-102 からそのユーザーのアクセス レベルに関連して作成された注釈、図面、および/または測定値の名前を変更します。
LHS の「測定」パネルの測定値/注釈のリスト、または 2D 平面での測定値の視覚的表現にカーソルを合わせると、カーソルのすぐ下と右側にダイアログ ボックスが表示され、その詳細が表示されます。測定および/または注釈

メディアレコーディング

ユーザーは、ユーザー レベルの権限に基づいて、上記の #66 – 73 に詳述されている方法で画像とビデオを取得できます。
ユーザーは、LHS の「メディア」パネルでアプリケーション内の「メディア ギャラリー」を表示できます。これには、現在および/または以前の 3Dicom セッションでロードされたスキャンから取得した画像とビデオが含まれています。
ユーザーは、「メディア ギャラリー」のサムネイルをクリックして、画像/ビデオのアプリケーション内プレビューを開くことができます。ユーザーは、メディア ギャラリーの [ビン] アイコンをクリックして、現在のセッション中に取得した画像や動画を削除することもできます。ユーザーは、メディア ギャラリーから直接電子メールで画像を共有できます。
ユーザーは、LHS の「メディア」パネルの「ファイルの場所を開く」ボタンをクリックして、3Dicom で取得した画像とビデオが保存されている場所を直接参照できます。これは、[設定 -> メディア] タブでも行うことができます。
ユーザーは、「設定 -> メディア」タブにアクセスし、「保存場所の変更」をクリックして、画像およびビデオ ファイルの保存先を編集できます。
ユーザーは、[設定 -> メディア] タブにある [メディアのマークアップ] 設定を切り替えることで、寸法、注釈、セグメント、およびその他すべての「マークアップ/編集」をスクリーンショット/ビデオに表示するかどうかを選択できます。 False に設定し、3Dicom 患者ユーザーの場合は編集できません。
ユーザーは、「設定 -> メディア」タブにある「UI 記録」設定を切り替えることで、スクリーンショット/ビデオにユーザー インターフェイス (サイド パネルなど) を表示するかどうかを選択できます。 False に設定し、3Dicom 患者ユーザーの場合は編集できません。
ユーザーは、[設定 -> メディア] タブにある [マイクとスピーカー] 設定から好みのマイクとスピーカーを選択し、利用可能なオーディオ入力/出力から選択できます。

リサーチ

ユーザーは、ロードされたスキャン/セッションからすべての DICOM タグを表示し、それらを AZ から並べ替えて、スクロール可能なリストで検索できます。ユーザーは、このスクロール可能なリストを展開または折りたたんで、パネル内のスペースを追加できます。
ユーザーは、DICOM タグを完全に匿名化し、新しいシリーズとして保存できます。
ユーザーは、LHS UI の [Research] パネルにある [Convert DICOM] というボタンをクリックして、DICOM を .NII 形式に変換できます。これにより、モーダル ポップアップが生成され、ドロップダウン リスト、宛先フォルダー、およびその他のパラメーターを介して目的の出力形式を選択する機能がユーザーに提供されます。外科用ユーザーの場合、#155 & 156 に従って、出力タイプを .NRRD または .MHD に変更できます。
ユーザーは、#153 と同じ「Convert DICOM」というボタンをクリックして、DICOM を .NRRD 形式に変換できます。これにより、モーダル ポップアップが生成され、ユーザーはドロップダウン リスト、宛先フォルダー、およびその他のパラメーターを介して目的の出力形式を選択できます。 
ユーザーは、#153 と同じ「Convert DICOM」というボタンをクリックして、DICOM を .MHD 形式に変換できます。これにより、モーダル ポップアップが生成され、ユーザーはドロップダウン リスト、宛先フォルダー、およびその他のパラメーターを介して目的の出力形式を選択できます。 
ユーザーは、#156 で詳述されているドロップダウン オプションの 1 つとして、生の DICOM を X、Y、Z 平面で .JPG に一括エクスポートできます。
ユーザーは、#156 で詳述されているドロップダウン オプションの 1 つとして、生の DICOM を X、Y、Z 平面で .PNG に一括エクスポートできます。
ユーザーは、#156 で説明されているのと同じ [イメージの一括エクスポート] ボタンをクリックし、モーダル ポップアップ フローの一部として使用するマスクとして、既に作成された 1 つのセグメントを選択することで、X、Y、Z 平面でバイナリ マスクを一括エクスポートできます。バイナリ マスクは .TIFF、.JPG、.PNG としてエクスポートできます。マスクは常に白で背景/その他はすべて黒で、X、Y、Z 平面のいずれかまたはすべてでエクスポートするように選択できます。
ユーザーは、#159 と同じ機能を持つが複数のマスクが表示されるマスクとして、複数の選択されたセグメントを使用して、X、Y、Z プレーンでマルチクラス マスクを一括エクスポートできます。マスクは異なる色を持つことができますが、背景/その他は常に黒です。
ユーザーは、LHS UI の [リサーチ] パネルの右下にある標準のハウンズフィールド ヒストグラムにアクセスし、ヒストグラムの上下のスライダーでウィンドウ値を調整できます。ヒストグラムは、ハウンズフィールド値、グレースケール グラデーションなどに関する追加の定量分析 (平均、中央値、最低、最高など) とともに、モーダル「フルスクリーン」モードを使用してスクリーンショットの大きなビューで表示できます。
ユーザーは、特定の研究に焦点を当てた Python ライブラリにアクセスし、モーダル ポップアップ (PyRadiomics など) を介してその機能を適用できます (https://pythonrepo.com/tag/medical-imaging)。  

セグメント

LHS UI のセグメント パネルには、スクロール可能な大きなリスト エリアがあります。このリストの一番上にあるのは「スキャン ボリューム」で、名前を変更することはできませんが、小さなテキスト フィールドに 0 ~ 100 を入力して不透明度を編集できます。0 は不透明度なし、100 は最大不透明度です。 
ユーザーは、リストの下部にある「+」アイコンをクリックして、セグメントのリストにセグメントを追加できます。これにより、「セグメント n+1」という名前の新しいセグメントがリストに作成され、「新しいセグメント」が割り当てられます。 ' 色。 
ユーザーは、セグメントをクリックして強調表示し、リストの下部にある「-」アイコンをクリックして、セグメントのリストからセグメントを削除できます。これにより、「このセグメントを削除してもよろしいですか?」というダイアログ ボックスが表示されます。はい・いいえ" 
スキャン ボリュームの左側には、3D 立方体のアイコンがあります。 #165 のセグメント リスト内の他のすべてのセグメントのすぐ左には、色を含む四角があります。この四角形をクリックすると、解剖学のプリセット カラーのドロップダウン リスト (https://www.slicer.org/wiki/Slicer3:2010_GenericAnatomyColors) と、リストの上部に常に存在する「カスタム」というオプションが表示されます。これにより、ユーザーは RGBA ミキシング パネルから色を作成できます。
ユーザーは、セグメント名をダブルクリックして、セグメントの名前を変更できます。これにより、入力可能な白いテキスト フィールドが作成されます。 「Enter」キーを押すか、テキスト フィールドの外をクリックすると、テキスト フィールドが閉じられ、セグメント名がテキスト フィールドにあるものに設定されます。
ユーザーはセグメント名のすぐ右側にセグメントの体積を括弧 (30 mm3) で囲み、mm3 として表示することができます。 
ユーザーは、名前/ボリュームの右にある 0 ~ 99 の数字を含む四角形をクリックして、セグメントの不透明度を編集できます。この数値を編集することで、セグメントの不透明度を 0 ~ 99 の特定の値に変更し、2D および 3D ビューで視覚化できます。 
セグメント リスト内のセグメントの一番左側には「目」アイコンがあり、クリックしてセグメントを 2D/3D ビューで表示するかどうかを切り替えることができます。
ユーザーは、セグメント リスト内のセグメントを 1 回クリックすることで、単一のセグメントを選択できます。これにより、#180 – 200 で詳しく説明されているリストの下にあるセグメンテーション ツールがアクティブになります。
Shift キーを押しながら複数のセグメントを左クリックすると、複数のセグメントを選択できます。ユーザーは、Shift キーを押しながら右クリックで目的のセグメントをクリックすることにより、複数選択からセグメントを削除することもできます。 
セグメント リストでセグメントが選択されていない場合、ユーザーは 2D および/または 3D ビューのセグメント マスクにカーソルを合わせると、アウトラインが表示され、セグメントの名前とボリュームが重ねられたラベルが表示されます。
ユーザーは、#174 に従って複数のセグメントを選択し、「マージ」アイコンのある「+」ボタンと「-」ボタンの横にあるセグメント リストの下部にあるボタンをクリックすることで、セグメントをマージできます。 「セグメントのマージは元に戻せません。続行しますか?はい・いいえ"。元のセグメントは「結合セグメント n+1」と呼ばれる新しいセグメントに結合され、元のセグメントはセグメント リストから削除されます。
ユーザーは、リスト内の 1 つまたは複数のセグメントを選択し、セグメント リストの下部にある [結合] の右側にある複製アイコンのあるボタンをクリックすることで、セグメントを複製できます。色、可視性、不透明度、HU しきい値範囲などのすべてのセグメント属性は、「{元のセグメント名} + 「コピー」」という名前の新しいセグメントにコピーされます。
ユーザーは、セグメント リストの下部にある [複製] ボタンの右側にある [元に戻す] または [やり直し] アイコン ボタンをクリックすることによってのみ、セグメントに対する最近の変更を元に戻す/やり直すことができます。ユーザーは、Ctrl/Cmd + Z、Ctrl/Cmd + Y でグローバルな元に戻す/やり直しを使用することもできます。
セグメントを 3D で表示します。セグメント リストの下には、ユーザーが 2D ビューに加えて 3D ビューで可視セグメントを表示するためにオン/オフを切り替えることができるトグルがあります。デフォルトでは、これはオフにする必要があります。さらに、このボタンの下に、3D 表示によってソフトウェアの速度が低下する可能性があることをユーザーに知らせるツールチップまたはテキストが必要です。
セグメント リストの下には、ユーザーがオン/オフを切り替えて、選択したセグメントのみを 3D ビューで表示するか、すべての可視セグメントを 3D ビューで表示できるようにするトグルがあります。
ユーザーは、セグメント リストの下にあるボタン/トグルを使用して、ハウンズフィールド ポインターのオン/オフを切り替えることができる必要があります。これをオンに切り替えると、カーソルの左下にダイアログ ボックスが表示され、カーソル チップの下にあるボクセルのハウンズフィールド値が表示されます。
セグメント リストとボタンの下には、8 つのアイコンを含む水平タブ インターフェイスがあります。ペイント ブラシ、消しゴム、バケツ、マジック ワンド、シード、アイランド、ホロー、ハサミ。これらのアイコンは、セグメント リストにセグメント (スキャン ボリューム以外) が存在しない場合、またはセグメントが選択されていない場合、グレー表示されます。
ユーザーが 1 つのセグメントのみを選択した場合、ペイント ブラシ、消しゴム、バケツ、魔法の杖、島、中空、およびはさみのアイコンは、灰色ではなく白 (クリック可能) で表示されます。ユーザーは各アイコンをクリックして、各機能の特定のコントロールを含むタブを開くことができます。
ユーザーが複数のセグメントを選択すると、シード、中空、はさみのアイコンを除くすべてのアイコンがグレー表示されます。
ユーザーは、ペイント ブラシ アイコンをクリックして、ペイント/描画できるボクセルの HU 範囲を決定するための下限/上限しきい値を定義するスライダーを含むタブを表示できます。ユーザーがスライダーの値を変更すると、スキャン内の関連するボクセルがセグメントの色で強調表示され、編集可能なものが示されます。また、1 ボクセル幅から 50 ボクセル幅までの「ブラシ」のサイズを決定するスライダーも含まれています。ユーザーが 2D ビュー上でブラシをクリックおよび/またはドラッグすると、定義された範囲内のボクセルは、そのセグメントの定義された色と同じ色で着色されます。
ユーザーは Eraser アイコンをクリックしてスライダーを含むタブを表示し、Lower/Upper しきい値を定義して、消去可能なペイント/カラー ボクセルの HU 範囲を決定できます。ユーザーがスライダーの値を変更すると、スキャン内の関連するボクセルがセグメントの色で強調表示され、編集可能なものが示されます。また、1 ボクセル幅から 50 ボクセル幅までの「ブラシ」のサイズを決定するスライダーも含まれています。また、X、Y、Z 平面の特定のスライス範囲の間で定義された範囲内のボクセルを消去するオプション/設定も含まれています。ユーザーが 2D ビュー上で消しゴムをクリックおよび/またはドラッグすると、以前にセグメントによって色付けされた定義された範囲内のボクセルが消去され、「生の」DICOM 画像/ボクセルが表示されます。 
ユーザーはバケット アイコンをクリックして、編集可能な HU 範囲の下限/上限のしきい値を定義するスライダーを含むタブを表示できます。ユーザーがスライダーの値を変更すると、スキャン内の関連するボクセルがセグメントの色で強調表示され、編集可能なものが示されます。このタブには、#60 と同様に、X、Y、Z 平面でスライスの範囲を設定するオプションと、「すべてのスライスに適用」するオプションも含まれています。 [すべてのスライスに適用] がオフになっている場合、バケットで 2D ビューをクリックすると、そのスライスだけで編集可能な範囲が「塗りつぶされ」ます。 [すべてのスライスに適用] がオンになっている場合、バケツ アイコンで 2D ビューをクリックすると、スキャン ボリュームとスライスの範囲全体で編集可能なすべてのボクセルがセグメントの色で色付けされます。
ユーザーは「魔法の杖」アイコンをクリックして、編集可能な HU 範囲の下限/上限しきい値を定義するスライダーを含むタブを表示できます。ユーザーが「マジック ワンド」を使用している場合、2D ビューで画像にカーソルを合わせると、カーソルの最後にアウトラインが形成され、同じ HU/強度値をたどって開始点に戻る閉じたパスが作成されます。マウスの左ボタンをクリックしてセグメントを作成し、アウトライン内の編集可能なボクセルを埋める前に、カーソルを移動してさまざまな領域をプレビューできます。
ユーザーが複数のセグメントを選択した場合、「シード」アイコンをクリックすると、https://slicer.readthedocs.io/en/latest/user_guide/ に従って、多数の入力/オプションを含むタブを表示できます。 modules/segmenteditor.html#grow-from-seeds 
ユーザーは島のアイコンをクリックして、セグメント マスクからアーティファクトを削除する機能を提供するタブを表示できます。オプションには、「最大の島を保持」、「小さな島を削除 (最小サイズを追加可能)」が含まれます。 https://slicer.readthedocs.io/en/latest/user_guide/modules/segmenteditor.html#islands
[中空] アイコンをクリックすると、選択したセグメントをセグメント境界で定義された均一な厚さのシェルに置き換えることで、選択したセグメントを中空にするオプションを提供するタブが表示されます。ユーザーは厚さの値を入力できます。 https://slicer.readthedocs.io/en/latest/user_guide/modules/segmenteditor.html#hollow 
ユーザーは、はさみアイコンをクリックして、#60/#61 と同じクロッピング機能を含むタブを表示できます。ユーザーが X、Z、Z 方向のスライス範囲を変更すると、選択したセグメントはその範囲内に収まるように「トリミング」されます。次に、ユーザーは「適用」というボタンをクリックすると、選択したセグメントが新しい境界内に収まるようにトリミングされます。これは、DICOM 自体をトリミングしません。
LHS UI にあるセグメント パネルの左下には、単一のセグメントが選択されているか複数のセグメントが選択されているかに応じて、「セグメントのエクスポート」というテキストを表示する全幅のピル ボタンがあります。 
[セグメントのエクスポート] ボタンをクリックすると、エクスポート フロー用の複数の「パネル/ページ」を持つモーダル ポップアップが生成されます。
#194の続きです。最初の「ページ」には、すでに選択されているセグメントが強調表示されたセグメントのリストが含まれており、ユーザーはエクスポートするセグメントを選択/選択解除できます。ユーザーがエクスポートに必要なすべてのセグメントを選択したら、[次へ] をクリックします。
#195 から続けて、いずれかのセグメントにブレーク (他の 2 つのスライス間の任意のビューで欠落しているスライス) が含まれている場合にユーザーが「次へ」をクリックすると、警告が表示され、「不完全なセグメント」、つまりどのセグメントと何を欠落している場合はスライス番号。そうでない場合は、#199 に進みます。
#195/#196 から続けて、ユーザーが完全なセグメントを持っている場合、モーダル ポップアップの最初のパネルで [次へ] をクリックすると、ユーザーは 2 番目のパネル/ページに移動します。これにはスムージング設定が含まれます。スムージングの場合、スムージングを有効/無効にするボタン/チェックボックスがあります。スムージングが有効な場合、スムージング設定は編集可能で、スムージング ラムダ (数値入力フィールドで編集可能) と反復回数 (デフォルト 5) で構成されます。これも数値入力フィールドで編集できます。
#197 から継続して、モーダル ポップアップの 2 番目の「ページ」/パネルにもアイランド削除設定が含まれています。島の削除には、島/アーティファクトの削除を有効/無効にするボタン/チェックボックスが必要です。有効にすると、島化/アーティファクトの削除設定が編集可能になり、編集可能な最小の面/頂点のしきい値と、最大の面のみを保持するか、最小のしきい値を超える小さな島を許可するオプションで構成されます。 
#197 と #198 の設定を入力/選択したら、[次へ] をクリックして、ファイルの宛先を参照し、ドロップダウンからファイル出力タイプを選択する機能を含むモーダル ポップアップの 3 番目と最後のページ/パネルに進むことができます。 「STL、OBJ、または FBX」のリスト。次に、[適用してエクスポート] をクリックして、エクスポート プロセスを開始します。
エクスポート プロセスの実行中は、モーダル ポップアップが閉じ、トップ バーの右側に進行状況/ロード ホイールが表示され、「セグメントをエクスポートしています」というテキストが表示されます。この横に「キャンセル」ボタンがあり、ソフトウェアがロックされたり、無期限に処理されたりした場合に処理を停止する必要があります。

デザイン

ユーザーは、「MCAD」と呼ばれる LHS UI のパネルにアクセスできます。このパネルには、半分の高さのスクロール可能なリスト セクションと、リストの下とメインの 3D ビューの両方に多数のコントロールがあります。 MCAD パネルでは、2D ビューを含む RHS UI が非表示になり、3D 視覚化領域の画面領域が大きくなります。
スクロール可能なリストの一番上にあるのは「スキャン ボリューム」で、削除や名前の変更はできませんが、小さなテキスト フィールドに 0 ~ 100 を入力して不透明度を編集できます。0 は不透明度なし、100 は最大です。不透明度。 
ユーザーは、リストの下部にある「+」アイコンをクリックして、CAD モデルを CAD モデルのリストに追加できます。これにより、ユーザーは、ローカルの Web サイトを参照して、新しい CAD モデルをリストに追加できます。ファイル ディレクトリと互換性のある CAD ファイルの選択。これらは、ファイル名 (拡張子を除いたもの) に応じてリスト内で名前が付けられ、まだカラー データがない場合を除き、カラーが割り当てられます。デフォルトでは、モデルが追加されると、「スキャン ボリューム」と比較してわずかにインデントされ、シーン/コレクションの一部であることを示します。
ユーザーは、トップバーから「スキャンデータベース」を開き、「3D モデル」に移動してファイルをクリックして MCAD パネルのリストに追加し、MCAD で開くことで、CAD モデルを追加することもできます。見る。デフォルトでは、モデルが追加されると、「スキャン ボリューム」と比較してわずかにインデントされ、シーン/コレクションの一部であることを示します。
モデルを選択し、リストの下部にある「-」アイコンをクリックすると、CAD モデルのリストから CAD モデルを削除できます。
スキャン ボリュームの左側には、3D 立方体のアイコンがあります。リスト内の他のすべての CAD モデルのすぐ左には、色を含む四角があります。この四角をクリックすると、六角形のカラー ピッカーが表示され、3Dicom で CAD モデルを区別して色を付けることができます。
ユーザーは、CAD モデル名をダブルクリックして、リスト内の CAD モデルの名前を変更できます。これにより、入力可能な白いテキスト フィールドが作成されます。 「Enter」キーを押すか、テキスト フィールドの外をクリックすると、テキスト フィールドが閉じられ、テキスト フィールドにある名前が設定されます。
CAD モデルの体積は、CAD モデル名のすぐ右側の括弧内 (30 mm3) に表示され、mm3 として表示されます。 
ユーザーは、名前/ボリュームの右側にある 0 ~ 99 の数字を含む四角形をクリックして、CAD モデルの不透明度を編集できます。この数値を編集することで、不透明度を 0 ~ 99 の特定の値に変更し、3D ビューで視覚化できます。
リスト内の CAD モデルの一番左側には「目」アイコンがあり、これをクリックすると、不透明度に関係なく CAD モデルを表示するかどうかを切り替えることができます。
ユーザーは、CAD モデルをクリックしたままドラッグすることで、CAD モデルをドラッグ アンド ドロップすることで、リスト内の CAD モデルをインデント/インデント解除できます。選択した CAD モデルをリスト内の別の CAD モデルの上に移動すると、選択したモデルがインデントされ、別のモデルの子になります。ユーザーはいつでも子モデルを選択し、ドラッグしてインデントを解除できます。 WPメニューに似ている
ユーザーは、CAD モデル リスト内の CAD モデルを 1 回クリックするだけで、単一の CAD モデルを選択できます。 
Shift キーを押しながら複数の CAD モデルを左クリックすると、複数の CAD モデルを選択できます。ユーザーは、Shift キーを押しながら右クリックで目的の CAD モデルをクリックすることにより、複数の選択から CAD モデルを削除することもできます。 
「親」CAD モデルの可視性および/または不透明度を選択/変更すると、その親のすべての子モデルが選択/移動されますが、単一の子モデルを選択すると、選択した子モデルのみが選択/移動/非表示/表示されます
ユーザーは、#214/215 に従って複数の CAD モデルを選択し、CAD モデル リストの下部にある [+] ボタンと [-] ボタンの横にある [マージ] アイコンのあるボタンをクリックすることで、CAD モデルをマージできます。 「モデルのマージは元に戻せません。続行しますか?はい・いいえ"。元のモデルは「結合モデル n+1」と呼ばれる新しい CAD モデルに結合され、元の CAD モデルはセグメント リストから削除されます。これはグループ化とは異なります。これは、それらを相互に関係的に移動させるだけでなく、実際にそれらを 1 つの新しい STL/OBJ ファイルに結合するためです。
ユーザーは、#214/215 に従って複数の CAD モデルを選択し、CAD モデル リストの下部にある [+] ボタンと [-] ボタンの横にある [グループ] アイコンのあるボタンをクリックして、CAD モデルをグループ化できます。グループ化された CAD モデルの横にアイコンが表示され、それらがグループの一部であり、1 つのコンポーネントであるかのように移動/回転などを示します (#216 に似ていますが、親モデルをグループ化できます)。モデルのグループ化を解除することもできます。
ユーザーは、リスト内の 1 つまたは複数の CAD モデルを選択し、CAD モデル リストの下部にある [結合] の右側にある複製アイコンのあるボタンをクリックすることで、CAD モデルを複製できます。色、可視性、不透明度、位置、階層などのすべての属性は、「{元の CAD モデル名} + 「コピー」」という名前の新しい CAD モデルにコピーされます。
CAD モデル リストの下部にある [複製] ボタンの右側にある [元に戻す] または [やり直し] アイコン ボタンをクリックすることによってのみ、CAD モデルに対する最近の変更を元に戻す/やり直すことができます。ユーザーは、Ctrl/Cmd + Z、Ctrl/Cmd + Y でグローバルな元に戻す/やり直しを使用することもできます。
CAD モデル リストの下にトグルがあり、ユーザーはオン/オフを切り替えて、選択した CAD モデルのみを 3D ビューで表示するか、すべての可視 CAD モデルを 3D ビューで表示できます。
Shift + マウスの左クリック アンド ドラッグを押したままにすると、ユーザーは 3D モデル (スキャン ボリュームを含む) を移動せずにカメラを 3D 空間内で移動します。これにより、ユーザーは、スキャン ボリューム/CAD モデル自体を回転させることなく、任意の角度からスキャン ボリューム/3D モデルを表示できます。 
ユーザーが単一の CAD モデル (またはスキャン ボリューム) を選択した場合、3D 環境は「静止」したままで、選択したモデルのみが 3D 環境および他の CAD モデル/スキャン ボリュームに対して相対的に移動し、その移動はその唯一の CAD モデルに基づいています。体積中心。
ユーザーが複数の CAD モデルおよび/またはスキャン ボリュームを選択した場合、選択したモデルはすべて、3D 環境および他の選択されていない CAD モデル / スキャン ボリュームに対して一緒に移動し、移動はすべてのボリューム中心間の中心点に基づいています。選択した CAD モデル。 
ユーザーは、3D ビューの表示モデルまたは CAD モデル リストの任意のモデルをクリックして CAD モデルを選択し、回転球、3 軸移動矢印、および 3 軸スケール矢印を含む CAD スタイルのギズモを表示できます。 3 つの軸移動矢印のいずれかをクリックしてドラッグすると、ユーザーはその軸に沿ってモデルを前後に移動できます。さらに、ユーザーは中心点の 3 軸の交点をクリックして、モデルをフリーハンドで任意の方向に移動することもできます。 
ユーザーは、回転球を使用して、回転方向 (方位角、仰角) のいずれかをクリックしてドラッグすることにより、選択した CAD モデルをボリュームの中心点を中心に回転させることができます。 
ユーザーは、CAD スタイルのギズモの 3 軸スケール矢印を使用して、選択した CAD モデルをスケールできます。最も外側の矢印を使用すると、モデルはすべての方向に均等にスケーリングされますが、少し内側のスケール矢印を使用すると、モデルはそれぞれの平面でのみスケーリングされます。
ユーザーは、X、Y、Z 平面での選択した CAD モデルの体積中心の空間位置、回転情報、元のファイルと比較したスケール、および選択した CAD モデルの総体積。 
ユーザーは変換パネルを使用して、移動の特定の座標、角度 (回転の場合)、スケールの % を入力できます。グローバル座標とローカル座標を切り替えることもできます。
ユーザーは変換パネルのボタンをクリックして、選択した CAD モデルをグローバル座標の特定の位置にロックできます。ロックされた CAD モデルはスキャン ボリュームにロックされ、[変換] パネルでロックが解除されるまで (色、不透明度、可視性の変更を除いて) 操作できません。ロックされたモデルには、CAD モデル リストの名前/ボリュームの横にロック アイコンがあります。 
ユーザーは、ナビゲーション キューブの下に追加のカメラ コントロールと設定のアイコンを表示して、CAD モデルとスキャン ボリュームとの関係を 3D 空間で効果的に視覚化できるようにする必要があります。これらのアイコンは縦に積み上げられ、内部テストおよび CAD プログラムのカメラ コントロール/設定のベスト プラクティスによって通知される必要があります。 
#231 の一部として、ユーザーは、カメラ ビューを任意の方向にパン/回転しながら、選択した CAD モデルのボリューム中心から特定の距離をロックする機能のオン/オフを切り替えることができる必要があります。 
ユーザーは、#261 に従って、ホットキーの完全なリスト内の MCAD 機能の「オフ スクリーン コントロール/ホットキー」の下で、マウス設定やホットキーなどの多数のオフ スクリーン コントロールを設定できる必要があります。
ユーザーは、MCAD ビューで測定パネルのツールを使用して測定を行うことはできません。ツールを使用して一時的な測定を行うことができます。 CAD モデルの 2D 'マスク' の測定は、3D モデルが MCAD パネルで移動された場合にのみ考慮する必要があります。測定は測定パネルで正確/適切ではなくなります。 
ナビゲーション キューブの下のアイコンの一部として (#231 に従って)、ユーザーは「ルーラー」アイコンをクリックして、MCAD でのみ 3D ポイント ツー ポイント測定を行うことができる必要があります (これは表示のみであるという免責事項)。 VSP での測定と非常によく似ています。 
「MCAD」パネルの下部には、「すべてリセット」というボタンがあります。ボタンをクリックすると、「すべてをリセットすると、現在のすべての CAD モデルに対するすべての変更が元に戻ります。続行しますか?」というダイアログ ボックスが表示されます。はい・いいえ"。ボタンをクリックすると、現在の MCAD セッションで行われたすべての変更が元に戻ります。
「MCAD」パネルの下部には、「仮想手術計画 (VSP) へのクイック エクスポート」というボタンがあります。ユーザーがこれをクリックすると、#30 と同じモーダル ポップアップ保存機能を生成する通常の保存パネルが生成されますが、ユーザーがセッション全体または選択したモデル、CAD 測定値 (#235 による) およびその他の属性を直接共有するための追加ページも生成されます。 Oculus Quest 2 に表示されるように、MFTP 経由で自分自身と共有することで VSP に送信します。 
「MCAD」パネルの下半分には、「CAD モデルの保存」というボタンがあります。ユーザーがこのボタンをクリックすると、モーダル ポップアップが表示され、現在選択されている CAD モデルをローカル ディレクトリに移動したり、CAD モデルを「3D モデル」リストに追加したりできます。将来のロードを容易にするためのスキャン データベース。注: この保存機能は、モデルのローカル ジオメトリ/サイズを保存/エクスポートしますが、MCAD セッションおよび/または 3Dicom セッションを保存するためのグローバル位置設定などは保存しません。ユーザーは、#30 に従ってトップ バーの [保存] をクリックする必要があります。 & #31.

一般設定

ユーザーは、ソフトウェアのサイド パネルにある主要な機能のタイトルにカーソルを合わせると、短い GIFS、サイレント ビデオ、およびステップバイステップ ガイドを表示できます。
ユーザーは、ソフトウェアの機能/機能、およびユーザー インターフェイス全体のボタン/パネル タイトルなどのタイトルにカーソルを合わせると、ツールチップにアクセスできます。
ユーザーは、[設定 -> 一般] に移動し、[ツールヒントを有効にする] 設定のオン/オフを切り替えることで、ツールヒントのオン/オフを切り替えることができます。
ユーザーは、3Dicom のインストールをリセットし、[設定 -> 一般] に移動して [キャッシュのクリア] をクリックすることで、すべてのスキャンの [スキャン データベース] をクリアできます。確認のためにテキスト フィールドに「DELETE」と入力するように求められます。その後、[適用] をクリックします。 
ユーザーは、マウスとキーボードの個別入力、またはマウスとキーボード入力の組み合わせを使用して、ホットキー ショートカットを作成できます。これらのホットキーは、[コントロール] タブの [グローバル設定] パネルでユーザーが設定できます。
ユーザーは、#114 – 118 に従って、[メディア] タブの [設定] パネルでメディア設定を編集できます。 
ユーザーは、「設定 -> ホットキー」タブでホットキーの組み合わせを編集できます。
ユーザーは、ソフトウェアの左下にある [ヘルプ] アイコンをクリックして、ソフトウェアのレベルとバージョン、および PDF 形式の最新の取扱説明書へのリンクを含む大きなダイアログ ボックスを表示できます。この下に、「Freshdesk」に直接送信するフォームがあります。これは、顧客からのフィードバックと市販後調査のための Singular Health の CRM です。その後、Singular Health の担当者からユーザーに直接メールが送信されます。
jaJapanese