スクリーンショット202105 27 at 5.07.54 pm

3Dicom Lite –密度表示設定と特定の解剖学的構造の明らかに

DICOMが ディスプレイの設定 in support us in viewing certain anatomy, this may not be adequate when revealing certain tissue or bone in the scan. Let’s say you have loaded your scan in, and want to start going in and revealing certain tissue or bone within the patient. The ‘Density Display’ sliders can help us in revealing different densities within the scans anatomy.

ハウンズフィールド単位とDICOM密度設定

The Hounsfield Scale is a quantitive scale constructed by Sir Godfrey Hounsfield. The Hounsfield Scale uses “Hounsfield Units” (HU) which are values used to measure the density of certain anatomy within a subjects body. The use of Hounsfield Units in the density display settings, aids us in revealing specific tissue, muscles, bones or the overall structure of the subject. HU can be used in any dicom or medical imaging file; some of these include computed tomography scan (CT image), magnetic resonance imaging or mr images (MRI), Xray or mammography (mammograms). The Hounsfield Units are found within the ‘Density Display’ sliders and consist of a “Lower/Upper Window” & “Lower/Upper Threshold”.

The use of the Hounsfield Units and the degree to which we use the density display settings depend on how we would like to analyse our subject. The use of the hounsfield display sliders are essential in medical imaging and scan analysis. Some of the most common uses when implementing the hounsfield sliders include identifying cancers (breast cancer, skin cancer, brain cancer) that may be hidden by other layers, identifying tracts or clots (white matter tracts) or detection of specific muscle alteration (hypertrophy, atrophy) all within a patient. Tissues such as air, water and fat have low attenuation resulting in dark areas and low values on the hounsfield scale. On the contrary, dense regions in the dicom image such as bone have high attenuation and high values on the hounsfield scale.

For a basic guide on which anatomy starts to be revealed at different values, refer to the information below.

  • 空気 主題の周りは-1000で明らかにされます
  • 主題内は-500で明らかにされます
  • 太い 対象内は-100から-50まで明らかにすることができます
  • Soft Tissue within the subject can be revealed from 100 to 300 (other parts of the medical image anatomy may include blood vessels, lesion, cancer, vertebra)
  • 700から3000まで明らかにすることができます

Note: Changing of Hounsfield Units will depend on the subject and the scan. Please only refer to this as a general guide.

密度表示スライダーの使用方法

密度表示スライダーは非常に簡単に使用できます。特定の解剖学的構造を明らかにするために密度値の変更を開始するには、[公開]ウィンドウの[密度表示]の下にある2つのスライダーを使用できます。 「Lower / UpperWindow」と「Lower / UpperThreshold」という名前の2つのスライダーは、このプロセスに役立ちます。

density display sliders

下部/上部ウィンドウ スライダーは、指定するハウンズフィールド値の範囲を制御します。このスライダーは、スライダーの下部よりも密度の低いものと、スライダーの高い値よりも密度の高いものを非表示にします。たとえば、スキャン内の骨のみを表示したいとします。与えられた基本ガイドを使用して、スライダーの下部を約700 HU、上部を約3000HUに配置します。これにより、スキャンで骨のみが明らかになります。スキャンの結果は患者によって異なるため、これらのスライダーの使用は試行錯誤の問題になります。

下限/上限しきい値 スライダーは上記のスライダーと同じように見えるかもしれませんが、目的は異なります。しきい値スライダーは、黒または白の値のコンテンツを非表示または表示します。 HU値は白黒にマッピングされ、濃度の違いをより明確に確認できるため、このスライダーには、HU値だけでなく、明るさ、コントラスト、不透明度、およびHU値が組み込まれています。 「ウィンドウスライダー」はスキャン内の特定の濃度を明らかにする場合がありますが、対象の全体的なより良い分析を達成するために「しきい値スライダー」を使用することをお勧めします。

We urge you to use both the ‘Window Slider’ and ‘Threshold Slider’ simultaneously to achieve the best possible result when analysing a scan. Using both the window slider and the threshold slider will not only increase your segmentation and analysis, but will also provide more clear insight to the patient and anatomy.

おめでとうございます。興味のある解剖学的構造が公開されました。次のことができます。 e明るさ、コントラスト、不透明度の設定でビューを強化します。

この記事を共有する:
jaJapanese