NavCubeを使用したスキャンの配置

スキャンを配置する理由

コンピュータ断層撮影(CT)スキャンは、スキャンの対象のまとまりのある画像を形成するために一緒に合成される、数百とは言わないまでも数十の別々のX線露光で構成されます。

これらすべての合成画像が撮影され、メッシュ化されているため、訓練を受けた放射線科医や医師が解釈できる意味のあるデータに体を分離する方法が必要でした。

体のさまざまなシステムと解剖学的構造はさまざまなレベルの密度を持っており(高密度の骨と比較して低密度の脂肪を考えてください)、標準化された方法でX線からさまざまな密度を識別する能力がCTの発明を告げましたスキャナー。

さまざまな密度を決定するために、ゴッドフリー・ハウンズフィールド卿は、とりわけ、さまざまな解剖学的構造からの吸収によって引き起こされる減衰(X線の強度の低下)を測定することができました。1。減衰の値はハウンズフィールド単位(HU)になりました。純水の密度であるベースラインが0の場合、ハウンズフィールド値は負と正の両方になります。値が高いほど、問題の密度が高くなります。

計算されると、アキシャル面、コロナル面、サジタル面の画像は、HUに基づいてグレースケールで色付けされます。骨などの高密度領域は、皮膚、脂肪、さらには肺の空気などの低密度領域よりも白くなります。

NavCubeの使用

医療/放射線の設定では、ウィンドウ処理はスキャンのグレーレベルマッピング/コントラストに関連し、ハウンズフィールド単位/ CT値を変更してスキャン内の特定の領域を強調表示します。 

上限と下限の両方のしきい値を変更することにより、「皮膚の除去」や骨格系の非表示など、スキャンから特定の機能を隠す(隠す)ことができます。以下の短いビデオを見て、私たちの上限と下限のしきい値を変更するのがいかに簡単かを確認してください 無料の3DDICOMビューアソフトウェア。

https://www.youtube.com/watch?v=R_pmrgx1bnM&feature=emb_title
jaJapanese