医療放射線学への不可欠なガイド

医療放射線学は、医療目的の画像診断に焦点を当てています。通常、このテクノロジーは、放射線科医、放射線技師、生物医学エンジニア、超音波検査技師、医学物理学者、および看護師によって使用されます。

放射線科のプレーヤーは、さまざまな理由で医療において重要な役割を果たしています。これは、さまざまな健康状態の診断ツールであり、治療の監視に役立ちます。放射線学は、特定の医学的結果を予測するのにも役立ちます。

最先端の画像診断法により、医療機関にとって重要なツールになっています。今日、病院、診療所、およびその他の医療機関は、放射線技師に大きく依存しています。医療専門家は、問題を診断し、適切な治療を提供するために正確な検査を必要としています。

医療放射線学とは何ですか?

一般に、放射線医学は、さまざまな医療状態を診断および治療するための放射性物質または放射エネルギーの使用に焦点を当てた医学の一分野です。医療放射線学には、診断放射線学とインターベンショナルラジオロジーの2つの主要なタイプがあります。

放射線診断

放射線診断は、医師、放射線科医、および看護師が体内の構造を確認するのに役立ちます。診断放射線科医は、そのような医用画像を正確に解釈できる資格のある個人です。

これらの画像は、患者の症状の原因を診断し、特定の治療に対する身体の反応を監視し、心臓病、結腸癌、乳癌などのさまざまな病気をスクリーニングするのに役立ちます。

一般的なタイプの診断放射線検査には、蛍光透視法、コンピューター断層撮影、マンモグラフィー、核医学、X線、ポジトロン断層撮影、および超音波が含まれます。

インターベンショナルラジオロジー

MRI、CT、超音波、および蛍光透視法を使用して医療処置をガイドすることに焦点を当てています。これらのモダリティによって生成された医用画像は、カテーテル、ワイヤー、その他の器具を体内に挿入するなど、さまざまな手順で医療専門家を支援します。

研究によると、インターベンショナルラジオロジーは、より小さな切開を必要とする低侵襲手術を行う外科医にも役立つことが示されています。医療専門家は、放射線学を使用して、スコープを通して直接体内を見ることなく、体のすべての部分の状態を診断および治療できます。

ほとんどの場合、医師や外科医は、腫瘍、癌、動脈および静脈の閉塞、腰痛、腎臓の問題、肝臓の問題などを治療するために、インターベンショナルラジオロジストに助けを求めます。たとえば、インターベンショナルラジオロジー手順の一般的な例は、以下を含む癌治療です。化学塞栓療法を使用した腫瘍の塞栓術。

インターベンショナルラジオロジーは、血管造影、血管形成術、およびステント交換の手順を合理化するのに役立ちます。また、塞栓形成に役立ち、出血を制御するだけでなく、椎体形成術、針生検、乳房生検、栄養チューブの配置、および静脈アクセスカテーテルの配置をサポートします。

医療放射線学の簡単な歴史

医療放射線学の概念は、19年の最後の10年間に始まりましたth 世紀。ドイツの物理学教授であるヴィルヘルム・レントゲンは、1895年に最初のX線を発明しました。X線は、イオン化された放射線を体に通し、その後ろに配置された感光板に画像を投影するという原理に従います。

プレートは、組織のさまざまな密度に基づいて体内の異常を検出します。 1900年代初頭、科学者たちは、医薬品の造影剤を使用すると、臓器や血管を見ることができることを発見しました。

科学者たちは1921年までさまざまな方法を試しましたが、Andre Bocageが、問題の構造のより鮮明な画像を取得するためにX線管とプレートを同期して動かす原理を説明したときです。その原理は「トモグラフィー」と呼ばれていました。

核医学

数十年後の1950年代に、医療専門家は体内の病状を検出する方法として核医学を使用し始めました。この方法では、医療専門家が患者に放射性ヌクレオチドを注入する必要がありました。これらのヌクレオチドは医薬化合物と結合し、能動細胞への道を見つけます。

これらの画像を記録するためにガンマカメラが使用されました。放射性ヌクレオチドにより、医師は他の検査よりも早く健康上の問題を検出することができました。核医学は医療分野に大きく貢献しました。

ソナーテクノロジー

60年代に、医療専門家はソナー技術を使い始めました。以前は、この技術は第二次世界大戦中に敵の船を検出するために使用されていました。ソナー技術では、高周波音波をプローブを介して患者の体内に伝達する必要があります。音波はプローブに跳ね返り、電気パルスに変換されて、医療専門家の画像が画面に表示されます。

コンピューター断層撮影

CTスキャンとしても知られるコンピュータ断層撮影は1970年代に開発されました。ゴッドフリーハウンズフィールド卿は1971年にCTスキャン技術を発明しました。CTスキャンでは、一連の身体画像を撮影し、コンピューターを使用してそれらを元に戻し、身体の内部構造を表示します。

核磁気共鳴

NMRは1930年代後半に発見されましたが、医療専門家は1970年に初めて使用しました。1970年代に、科学者は拡散、緩和、細胞内水交換に関する研究を発表し、磁気共鳴画像法またはMRIの開発につながりました。

アメリカ・アルメニアの医師であるレイモンド・ダマディアンは、1971年にNMRによる生体内の腫瘍の検出に焦点を当てた研究論文を発表しました。ダマディアンは、NMRは腫瘍を正常組織から区別できると述べました。彼は体をスキャンして腫瘍を見つける装置を開発しました。ダマディアンはそれをNMRコンセプト(FONAR)に焦点を合わせて名付けました。

磁気共鳴画像

MRI技術は1970年代に開発されました。この技術は、核磁気緩和時間に基づいています。 MRIは、強力な磁力を使用して細胞内のプロトンの配列を調べ、患者の体内の組織の問題を特定します。

とにかく、科学者たちは、120年以上前に撮影された最初のX線以来、放射線医学を改善するために多大な努力を払ってきました。今日、医療専門家はより正確な診断結果を得ることができます。

医療放射線学の使用

放射線科は、人体を観察するためのいくつかの異なる技術を含む用途の広い分野です。主な目的は、健康状態を診断、監視、および治療することです。医療放射線学の各タイプは、検査または治療されている体の部分に関する異なる情報を提供します。医療分野での放射線医学の使用について話しましょう。

X線撮影

医療専門家は、X線撮影を使用して、体の画像を記録することにより患者を診断および治療します。これらの画像は、医師が病気、構造的損傷、異物の有無を判断するのに役立ちます。

手順には、X線ビームを体に通すことが含まれます。内部構造はX線を吸収または散乱し、残りのパターンは検出器に送信され、後で評価するために画像を記録します。 X線撮影のいくつかのアプリケーションは次のとおりです。

  • 整形外科の評価
  • 歯科検診
  • カイロプラクティック検査
  • 透視中の静的記録またはスポットフィルム
  • 低侵襲手術前のマーカーの配置

CT

コンピュータ断層撮影またはCTは、特殊なX線装置を使用して患者の体の断面画像を作成する非侵襲的健康診断です。医師はこれらの画像を幅広い診断および治療目的で使用します。

CTは、医師が異常、外傷、病気を診断するのに役立つ効果的なツールです。また、介入手順の計画と指導にも役立ちます。その上、それは癌治療のような治療の有効性を監視するために医者によって使用される不可欠な医療ツールです。

この医療ツールを適切に使用することが不可欠です。それ以外の場合は、成人と子供の健康状態の診断、治療、および評価に関する詳細な情報は提供されません。 CTスキャンは詳細な画像を提供し、医療専門家が探索的手術を回避するのに役立ちます。

MRI

MRIは、医師が体の内部構造の画像を作成するのに役立つ重要なツールです。 MRIスキャナーは、磁場と高周波エネルギー(電波)を使用して画像を生成します。信号は主に、体内の水と脂肪分子のプロトンから発生します。

たとえば、MRI検査では、コイル状のワイヤーに電流を流して、患者の体内に一時的な磁場を形成します。電波を発信する送信機と電波を受信する受信機があります。

さらに、これらの波は、患者の体のスキャンされた領域のデジタル画像を生成するために使用されます。通常、MRIスキャンは20〜90分続きます。時々、医師は画像のコントラストを変えるためにガドリニウムベースの薬剤を使用します。ガドリニウムベースの薬剤は希土類金属であり、腕の静脈内投与によって投与されます。

蛍光透視法

蛍光透視法は、画面上に連続X線画像を表示する高度な手順です。このプロセスでは、X線ビームを体に通し、画像をモニターに送信して、医師が体の部分の動きを確認できるようにします。

医療専門家は、患者を診断および治療するための幅広い手順でこのテクノロジーを使用しています。たとえば、バリウムX線と浣腸を使用して、消化管を正確に表示できます。

また、医療専門家はこの技術をカテーテルの挿入と操作に使用できます。目的は、泌尿器系、胆管、および血管を通してカテーテルの動きを指示することです。

場合によっては、医師は蛍光透視法を使用して、閉塞した血管や狭くなった血管を開くためのステントなど、患者の体内にデバイスを配置するのに役立てることができます。蛍光透視法は、臓器や血管の可視化にも使用されます。同様に、関節の交換や骨折の治療をガイドする整形外科手術でも使用されます。

マンモグラフィ

マンモグラフィは、X線を使用してマンモグラムまたは患者の乳房の画像を生成する別の医用画像ツールです。これは、女性の胸の内部構造の画像をキャプチャするための最良のツールです。この技術が正しく行われれば、医療専門家は乳がんの初期段階で診断することができます。

スクリーンフィルムとフルフィールドデジタルは、マンモグラフィに使用される2種類の画像です。スクリーンフィルムマンモグラフィでは、X線ビームを乳房から、スクリーンとフィルムを含むカセットに通して画像を生成します。

一方、フルフィールドデジタルマンモグラフィでは、X線ビームを患者の乳房から電波を受信する受容体に通します。次に、スキャナーが波をデジタル画像に変換し、デジタルモニターに送信します。

医療放射線学の利点

放射線科は過去30年間で医療分野を大幅に合理化しました。医療専門家は、高周波を使用するさまざまなツールを使用して、初期段階で内部の怪我、健康状態、および腫瘍を正確に特定できます。これは、特に、無症候性の健康状態に役立ちます。

放射線技術と方法は、確実かつ迅速に情報を提供します。また、診断された画像を大幅に改善して、患者の健康状態を改善しました。放射線医学のさまざまなモダリティのおかげで、医療専門家はより良い結果を達成できるようになりました。

  • 迅速で正確な診断

放射線医学により、医療専門家は患者の体内で何が起こっているのかを明確に把握することができます。この技術は、医師が特定の健康状態をよりよく理解して治療することを可能にする、体の内部構造の正確な画像を提供します。

その上、放射線技術は医者が癌のような病気を発症する可能性を予測することを可能にしました。たとえば、デジタルマンモグラフィは女性の乳がんをスクリーニングするための優れたツールです。放射線医学が世界中の何百万人もの患者にとって命を救うツールであることをあなたに言うのは当然のことです。

さらに、マンモグラフィでは、腫瘍形成の24か月前に乳がんを検出することもできます。このような詳細な情報により、医師は患者のデータに基づいて適切な治療方針を正確に特定して実施することができます。

放射線医学の進歩により、これらすべてが可能になったことを忘れないでください。今日、医療機関は診断手順を合理化するために放射線科医に依存しています。さらに、放射線医学は、医療専門家が医療および外科的処置に関して情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

これにより、医師は特定の健康状態の進行を評価し、問題の重症度を判断することができます。医師が放射線技術を通じて得られた画像や情報を知って評価するとき、彼または彼女は適切な治療法を選択することができます。

  • 痛みのない診断と治療

放射線科は、正確な診断画像を生成する非侵襲的で痛みのない手順です。医師や外科医が使用するほとんどの方法は、特別な準備を必要としません。たとえば、超音波はトランスデューサーを使用して画像を生成します。

体の内部構造の画像を取得することは、快適で痛みのない診断手順です。妊娠中、医師は超音波技術を使用して赤ちゃんの発育を観察します。

同様に、異常を検出したり、赤ちゃんの正常な発育を確認したりするための優れた診断ツールです。超音波は、母親の子宮内の胎児を監視するための最良の放射線技術の1つです。

  • 手ごろな価格のヘルスケア

放射線技術は、医療専門家が病気の早期発見を行うのに役立つだけでなく、健康状態を正確に治療するのにも役立ちます。たとえば、医師は心臓病が悪化して手術が必要になる前に、核医学検査を行って心臓病を検出します。

医師が初期の段階で健康状態を検出すると、手術を含む集中的な治療を受ける可能性が低くなります。手術にはより多くの合併症があり、通常は保守的な治療よりも費用がかかることを誰もが知っています。したがって、放射線科は、医療費を大幅に削減できる保守的な治療法の重要な部分です。

医療放射線学の不利な点

放射線科は、人体の画像を生成するための画像診断法と手順の使用です。これらの画像は、医師が患者に適切な治療を提供するのに役立ちます。医師はまた、治療計画を支援するために進行中の問題を追跡するために放射線医学の方法を使用します。

放射線技術には多くの利点がありますが、同時に欠点もあります。放射線医学に関連する主要なリスクの1つは、後年の放射線誘発がんの発症です。また、発生中の胚や胎児に損傷を与える可能性があります。

CTスキャンに関しては、患者の体はある程度の放射線にさらされています。患者の体がより頻繁にスキャンされると、より多くの放射線にさらされ、組織や細胞などの内部構造に重大な損傷を与える可能性があります。

MRIスキャンも同様に、閉所恐怖症の患者を不快にさせる可能性のある多くの体を囲みます。 MRIスキャナーは金属を機械内に入れることを許可しないため、豊胸手術やペースメーカーなどの特定のインプラントを使用している患者は金属を使用できません。

さらに、PETスキャンは患者を放射線にさらし、それが癌を引き起こす可能性があります。ただし、これはめったに発生しません。 PETスキャナーは、発育中の胚や胎児に損傷を与える可能性のある放射線が多すぎるため、妊婦には適していません。

さらに、超音波検査では、一部のプローブカバーにラテックスが含まれているため、アレルギーのある患者に問題を引き起こす可能性があります。超音波内視鏡検査は、膨満感、喉の痛み、さらには内出血を引き起こす可能性があります。 X線では、一部の造影剤が癌の発生につながる可能性があります。次の表に、他の放射線画像診断法の欠点をまとめましょう。

放射線の種類短所
蛍光透視法さまざまな組織の詳細な解剖学的情報は提供されません。
超音波検査超音波検査はオペレーターに大きく依存しています。それは解釈のために超音波検査者を必要とする画像を生成します。超音波検査も同様にX線検査よりも高価です。
磁気共鳴画像処置には子供を鎮静させる必要があるため、7歳未満の子供には適していません。スキャナー機も同様にうるさいです。医師は高品質の画像を待つこともあります。
コンピュータ断層撮影それはX線撮影よりも高い放射線レベルを持っています。ほとんどの場合、この手順では経口または静脈内造影が必要です。 CTスキャナーは、他のタイプの放射線機器よりも高価です。
核医学核医学は高い放射線量を使用し、静脈内造影が必要な場合があります。それは高価な技術です。

最後の言葉

現代の医療放射線学は、診断と治療を合理化するために最先端の技術を使用しています。 X線撮影、CTスキャン、蛍光透視法などの医療用放射線技術には多くの利点がありますが、いくつかの欠点もあります。医師はこれらのテクニックを注意して使用することをお勧めします。

jaJapanese